小さな幸せがある生活

30代女子です。自分のまわりを見れば、小さな幸せが沢山転がっています。小さな幸せを集めると大きな幸せになります。私が気付いた小さな幸せを紹介しています~♪

女性の悩み別で見るストレス解消の方法とポイント

   

人それぞれストレス解消法があると思いますが、女性ならではの悩みに対しては、対処法もまた違ってきます。

ここでは、女性が抱えやすい悩みを例にあげて、それぞれに合ったストレス解消法をご紹介したいと思います。

やるきが起きない「SNEP」症候群

近頃ニュースで取り上げられている「SNEP」症候群は、20歳以上59歳以下で、家族の他には人と接しない生活をしている人のことです。

仕事もせずに自宅にこもっているケースが多く、他人と接することを億劫だと感じやすいのです。

ニートよりも年齢幅が広く、独身女性にこの現象が増えているのが気になるところですね。

やるきが起きずに、このような生活に陥る背景には、職場の人間関係のトラブルや、失恋で傷ついて立ち直れないなどの原因があります。

SNEP症候群から卒業するためには、できるだけ多くの人達と交流する機会をつくりましょう。

独りで過ごす時間が長ければ、抱えるストレスが深刻化して、精神的なダメージも大きくなります。

SNSで気軽に話せる相手を探したり、悩み相談ができる相手と出かけるなど、自分から動くことで事態が好転します。

完璧主義の人ほどSNEPに陥りやすいので、小さな目標を立てて、1日に1つずつ達成することをお勧めします。

彼氏ができない恋活中のイライラ

30代くらいの女性に多いのが、恋活がうまくいかないことへのイライラです。

出産と子育てには年齢的な制限があり、30代半ばまでには結婚しておきたいものです。

なので、20代後半から30代前半にかけて、恋活中の女性が抱えるストレスはかなり大きいものになります。

ストレスから肌荒れを起こしたり、生理不順などの深刻な体調の不具合がでることもあり、恋活中は精神的&身体的ストレスから身を守ることが大事です。

自ら異性との出会いを掴むように心がければ、いずれは必ず良いお相手と巡り会えます。

恋活アプリや結婚相談所に登録して、多くの男性と出会えるチャンスを手に入れましょう。

スポンサーリンク

それから、自分をよく知っている友人や知り合いに頼んで、合コンのセッティングをお願いするのも良い方法です。

出会いがないのは、自分が動いていないからであって、多くの人た集まる場所に参加すれば、チャンスはいくらでもあります。

すぐに彼氏ができるなんてムリだと諦めることなく、ロングスタンスで結婚を考えられるように心がけてください。

彼氏(夫)との仲がうまくいかない悩み

出会いのチャンスを掴んで、晴れてカップルになったり、めでたく結婚した夫婦でも、まだまだ悩みの種があります。

連絡をくれない、デートがマンネリ気味、プロポーズをしてくれない、浮気、生活習慣の違い、お金の価値観のずれ、妊活に非協力的などです。

パートナーへのさまざまな不満がでてきて、精神的ストレスは膨大なものになるのです。

基本的に男性は、女性よりも話し合いが苦手な傾向にあり、悩みを相談しても反応が薄いと感じられるでしょう。

感情的になって喧嘩を繰り返すよりも、自分自身でストレス解消をするほうが大事です。

1人の男性に多くのことを求めるのは難しく、期待するほど、上手くいかない時に落胆しやすくなります。

ですから、我慢するのではなく、自分のために妥協することも考えて、気持ちをラクにしましょう。

パートナー中心の生活をしているなら、他に興味や関心がもてる事を探し、そちらに力を注いでみてください。

視野を広くして、悩んでいるのは自分だけではないと分かれば、追い詰められている気持ちが軽くなります。

大勢の人と接して意見を聞こう

最初は小さな悩み事でも、深く考えすぎてSNEP状態に陥ると、事態が悪化していきます。

女性は仕事だけでなく、恋愛や結婚、その後の生活についても、多くの悩み事を抱えるものです。

孤立するのはとても危険で、より状況が悪くなるので、悩みやストレスを感じた時こそ、大勢の人と接するようにしてください。

たくさんの意見を聞いているうちに、今の悩みがそれほど大きいものではないと気づき、アドバイスを貰って解決する力が身に付きますよ。

スポンサーリンク

 - my日記