小さな幸せがある生活

30代女子です。自分のまわりを見れば、小さな幸せが沢山転がっています。小さな幸せを集めると大きな幸せになります。私が気付いた小さな幸せを紹介しています~♪

ブランド品を高く売る、部屋が片付き、お小遣いゲット!!

   

(女性の)部屋を綺麗して、お小遣いをゲットする方法を紹介します。

それには、部屋の片づけが一番です。

いらなくなったブランド品は買取に出せばスッキリします。

リサイクルショップではなくて、ブランド品買取の専門業者を利用するのがポイントです。

部屋が片付いていれば掃除はすぐにできる

女性の家事でも掃除は丁寧にやろうと思ったら幾らでも時間がかかるものです。

掃除をするには部屋が片付いていればすぐにでも掃除機がかけられるのですが、ごちゃごちゃしていると片付けだけでも時間がかかります。

しかし、賃貸住宅だと収納スペースが少なく、特に女性は手持ちの洋服が多いので、クローゼットに入りきらずに衣装ケースに押し込んだり、ハンガーにかけてその辺に吊るしっぱなしになっているのではないでしょうか?

収納スペースを整理する時に一番おすすめなのが、「いらなくなったブランド品は買取に出してしまう」というものです。

以前OLとして勤めていたけれども結婚して家庭に入ってしまうと、ブランド品を着る機会は少なくなります。

しかも年齢を取ると段々と体型が変化してきたり、流行が変わったりして、折角当時はオシャレに着こなしていたブランド品が似合わなくなってしまうのです。

もう着ない、或いは着られない洋服がクローゼットを支配していると、段々増えるミセス洋品や子供の洋服が収納できなくなってしまいます。

これが悪循環となり、部屋が散らかり掃除が面倒に感じてしまいます。

そんな時はいっそブランド品を処分して、今の自分に似合う洋服を買い直した方が良いでしょう。

洋服だけではなく、バッグや靴も処分して、スッキリ収納を心掛けたいものです。

ブランド品は専門の買取ショップに売ろう!!

ブランド品を処分する際に一番初めに思いつくのがリサイクルショップです。

リサイクルショップには、実に様々な商品が引き取られて売られています。

結構どれも良いお値段ですので、買取り金額も期待してしまいます。

ところがリサイクルショップにブランド品を持ちこんでも、殆どお金になりません。

一つ千円、というところもあります。

これはリサイクルショップがあまりにも多くのアイテムを対象にしているからです。

ブランド品だけではなく、家電や家具、趣味の用品まであらゆるアイテムがあります。

スポンサーリンク

それだけに、ブランド品を正しく鑑定できるスタッフがいないのが理由です。

同じブランド品でも人気のモデルや希少品などがある筈ですが、

リサイクルショップではそこまで知識がありません。

加えてリサイクルショップは店舗に来たお客さん向けの商品となります。

一日に何人来るか分かりませんが、その人たちが皆ブランド品目当てとも限らないのです。

一方、ブランド品の買取ショップには専門の鑑定士がいます。

多くの件数を鑑定してきているだけに、知識や経験が豊富で、そのアイテムの価値を正しく判断してくれます。

そして販売ルートですが、ネット販売やオークションを利用しているショップは、全国の不特定多数の人向けに宣伝ができますので、それだけ販売率が高くなります。

仕入れても売れる自信があれば、それだけ買取価格に上乗せして貰えますね。

とっても簡単、宅配買取りサービスの利用方法

自宅の近くに買取ショップがない、という人もいるでしょう。

しかし心配は要りません、殆どの買取ショップが宅配買取りサービスを行っています。

やり方は簡単、ホームページ上から宅配キットを申し込みます。

1日~2日で段ボールと送り状が届きますので、そこに売りたいアイテムを詰め込んで、

送り返すだけです。

宅配業者が集荷に来てくれますので、重い荷物を持つ必要はないのです。

査定結果はメールできますので、承諾できればお金が振り込まれます。

この時査定金額に納得がいかなければ、キャンセルをすればそのアイテムは送り返して貰えます。

多くのショップがここまでの過程は全て無料です。

注意点としては、身分証明書の提出が必要な場合もあるということです。

コピーを送付したり、添付ファイルで送ったりします。

また、中にはキャンセルの際に送料がかかることもあります。

最も大手のショップの場合、ホームページをチェックすればほぼ無料のところばかりです。

まとめ

私はこの方法で、半年間でブランド品を処分して数万円お小遣いをゲットしました。

クローゼットにも余裕ができて、部屋がすっきりした分掃除がし易くなりました。

主婦の皆さん、一度クローゼットの中を見直して、いらないものを処分するかたわら、

お小遣い稼ぎしてみませんか?

スポンサーリンク

 - my日記