小さな幸せがある生活

30代女子です。自分のまわりを見れば、小さな幸せが沢山転がっています。小さな幸せを集めると大きな幸せになります。私が気付いた小さな幸せを紹介しています~♪

小さな庭が素敵になる~狭い場所のガーデンニングの作り方~

   

小さな庭でもガーデニングを楽しめる!!

春から初夏にかけてのとても過ごしやすい季節になりました。

このタイミングで、冬の間にサボっていた自宅の庭のお手入れ、ガーデニングを始めませんか?

現代の住宅事情ではなかなか広い庭、イングリッシュガーデンのような整った庭は持てないですよね。

園芸雑誌の庭紹介に出てくるような素敵な広い庭を持てる人はごく一部です。

「うちの庭は狭いから」「駐車場スペースにしてしまっているからうちには庭なんかないわ」なんて言う方、ガーデンニングは広い庭を持つ方だけの特権ではありませんよ。

小さな庭でも十分ガーデニングを楽しむことができます。

小さな場所でも大丈夫です

奥行きが10センチ~15センチしかないわずかなスペースでも植物を植えることはできます。

日当たりが悪くても日陰に強い植物を選ぶことで緑のスペースができます。環境に合う植物を探すことが大切です。

駐車場わきの小さなスペースを使う

駐車場はコンクリートやタイルを敷いた固い無機質な空間です。

駐車場わきなどに土を残したわずかなスペースはありませんか?

そこに緑や花を植えることで家全体の雰囲気が和らぎおしゃれになります。

春なら花時期の長いパンジー、ビオラなどの一年草。淡い色から濃いカラフルな色まで揃うプリムラがおすすめです。春に咲く球根植物の代表格チューリップもかわいいですね。

ヒヤシンスは球根を発芽させた芽出し球根も早春の時期の園芸店に出回りますのでいかがでしょうか。

木の根元でガーデニングを楽しむ

コンクリートやタイルを敷いた住宅でも、玄関正面や庭にシンボリツリーを植えるお宅が多いかと思います。

人気は柔らかい葉が特徴のシマトネリコ、おしゃれな雰囲気のオリーブの木といったところでしょうか?

そういったシンボルツリーの木の根元の土のスペースを楽しみましょう。

スポンサーリンク

日当たりが望めなくても、半日蔭向きの植物はたくさんあります。木漏れ日が当たるような環境があればそこに植物を植えてみましょう。

カラーリーフの代表格ヒューケラなどは半日蔭でも育ちます。

ヒューケラは他のグリーンリーフ類と比べて少しお値段は張りますが、色は緑の他にも銅葉や斑入りのものなど種類も多く出ていて楽しめます。

他に半日蔭で育つ植物として浮かぶのはワイルドストロベリー、ロニセラ、タマリュウなど。ほかにも多数のリーフ類があります。お気に入りのリーフ類を探すのも楽しみですね。

玄関わきの限られたスペースを活かす

玄関わきやポスト、アプローチ脇の照明の下など限られた土のスペースを探してみましょう。

日の当たる場所なら華やかな一年草のお花を数ポットにアイビーなど植えても素敵です。ビオラなどはたとえ1ポットでも環境が合えばふっくらと育ち、たくさん花をつけてくれますよ。

半日蔭ならクリスマスローズもおすすめです。真冬に咲く品種と早春に咲く品種どちらも大人気。花の色や形がとても豊富で選ぶのに悩むほどです。

寄せ植えを楽しみましょう!!

土のスペースを見つけられなくても大丈夫、寄せ植えを楽しみましょう。

園芸店に行くと植木鉢の種類の多さ、かわいらしさに驚きます。植物を植えうるのは鉢でなくても大丈夫、木製のコンテナや、かご、おしゃれなリメイク缶などお気に入りが必ず見つかるはずです。

リーフ類を豊富に使い、その季節に合わせたお花を植えこむ作業は楽しいものです。

自分だけの寄せ植えを作り、玄関などに置くと素敵ですよ。カラーや花の種類に統一感を持たせ、かわいい、シック、ゴージャス、ナチュラル等自分のイメージする空間を作ります。寄せ植えで庭の空間をつくり、演出します。

まとめ

環境にあった植物を植えることで、家がより引き立ち、素敵に見えます。

ガーデニングの楽しみと庭の大きさは関係ありません、小さな土のスペースを探してお花や緑を楽しみたいですね。

スポンサーリンク

 - my日記