小さな幸せがある生活

30代女子です。自分のまわりを見れば、小さな幸せが沢山転がっています。小さな幸せを集めると大きな幸せになります。私が気付いた小さな幸せを紹介しています~♪

【ベタベタ汗対策】ハッカ油がおススメ!!その使い方は?

   

夏のベタベタ汗を解消するには、ハッカ油がおススメ!!

日差しが強くなりじわっと汗が滲んで匂ってしまう、そんな季節になってきましたね。

ベタベタした汗をサッパリと洗い流すために入浴したのにすぐに汗をかいてしまってがっかり…。

そんな事ありませんか?

私は汗っかきなのでお風呂上がりに脱衣所で着替えが終わると既に額や背中に汗をかいている、なんて事が良くあります。

そんな時にぜひ使ってもらいたいのがハッカ油です。

スポンサーリンク

ハッカとはハーブの一種で、ミントの和名です。

ミントを精製したオイルの事をハッカ油といいます。

ハッカ油がスーっとするのはミントだからなんですね!

ハッカはメントールを多く含んでいるので清涼感を得られます。

それに殺菌、消臭などたくさんの効果があるのです。

ハッカ油は楽天などのネットショップやドラッグストアなど比較的にどこにでも販売していますので簡単に手に入れることができます。

大きさにもよりますが値段は500円くらいからあり、安価なのも魅力です。

今回はハッカ油の活用法について書いていこうと思います。

これからの季節におすすめのものばかりです。

ハッカ油をフル活用して、ベタベタ汗対策をしましょう。

ハッカ油のおすすめの使い方を6つ紹介します。

まだ使ったことのない方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ハッカ油の活用法

1.制汗剤として使う

ハッカ油は汗を抑える効果もあります。

ベタベタ汗対策に最適です。

スプレーボトルを用意して100ミリリットルの無水エタノール(または水)にハッカ油を3~5滴垂らせばハッカ油スプレーの出来上がりです。

普通の制汗剤として脇の下、首筋などにスプレーすると汗や臭いも抑えてくれて同時にひんやりと清涼感も得られます。

(スプレーボトルはガラス製のものかポリプロペレンまたはポリエチレンを使いましょう。ハッカ油には一部のプラスチックを溶かしてしまう性質があります。)

2.お風呂へ入れる

これは私のイチオシの使い方です。

お風呂にお湯を張り、湯船にハッカ油を3~5滴垂らしてよーく混ぜてからいつも通り入浴します。

ハッカ油は油なので良く混ぜないと水に弾かれてしまいます。

お風呂上がりはハッカ油の効果で温まっているのに体の表面はひんやり涼しく、不思議な感じがします。

とても気持ちがいいですよ!

汗のベタベタ感を感じません。

ハッカ油で体温が下がったように感じますが、水分補給は忘れないようにしましょう。

3.シャンプーに入れる

シャンプー液にごく少量まぜます。

ハッカ油入りシャンプーを使って洗髪すると頭皮までスースーしてスッキリした洗い上がりになります。

気持ちがいいですが入れすぎには注意してください!寒くなってしまいます。

4.化粧水に入れる

こちらも簡単です。

手持ちの化粧水に1~3滴ほど垂らして混ぜます。ハッカ油入り化粧水は毛穴を引き締めてくれますし、制汗作用もあります。

化粧崩れを防いでくれます。

入れすぎには注意です。肌に刺激が強すぎる場合、肌荒れの原因になってしまいます!

5.足の裏に塗る

スニーカーやパンプスなど夏場は蒸れたり臭いが気になりますよね?

ハッカ油を足の裏に1滴垂らしてコットンや手の平などで優しく塗り広げればスーっとして気持ち良く制汗、消臭効果で1日気持ち良く過ごすことができます。

6.マウスウォッシュとして使う

コップ一杯の水にハッカ油を1~3滴垂らしてうがいをします。

口の中のネバネバや口臭を抑制し、細菌の繁殖も防いでくれます。

また、ハッカ油の効果でスーっとして口の中がスッキリします。

どうでしたか?

おすすめの活用法を6つ紹介させてもらいました。

ハッカ油があればすぐに試せるほど簡単なのものばかりです。

スーっとする清涼感をぜひ味わってもらいたいです。

まとめ

コスパも良く、手に入れるのもとても簡単!そして夏中使えるハッカ油です。

使用する時の注意点に気を付けながら活用してもらいたいと思います。

ベタベタ汗対策に最適です。

ハッカ油を賢く使って、涼しくこの夏を乗りきっていきましょう。

スポンサーリンク

 - 健康と美容