小さな幸せがある生活

30代女子です。自分のまわりを見れば、小さな幸せが沢山転がっています。小さな幸せを集めると大きな幸せになります。私が気付いた小さな幸せを紹介しています~♪

(なかなか結婚を決意しない)彼からプロポーズされる方法

   


30代OLです。付き合って4年目の彼氏がいます。彼も30代です。

付き合い始めの頃は、週末ごとにデートをしたり旅行に出かけたりと楽しい時間を過ごしていました。

でも、最近はデートと言っても彼の家でDVDを見て近所でゴハンを食べて終わり……。。

去年は旅行にも行きませんでした。

私が結婚したいと知っているのに、彼はなかなかプロポーズしてくれませんでした。

でも、そんな私が「あること」を実践したら、とうとう彼からプロポーズをされたんです!

ここでは私が実践した「あること」を3つご紹介します。

私と同じように悩んでいる人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

1.彼と連絡を取るのを控えめにした

それまでは毎日とまではいかなくてもLINEをやりとりしていました。

彼からメッセージが来たら、すぐに返信していたんです。

でも、それじゃあ「いつでもつかまる暇な女性」だと思われるな~と思って間を空けるようにしました。

たわいのないメッセージはスルー。重要な要件でも次の日やその次の日にメッセージを返すようにしたんです。

そうしたら、私がメッセージをして、もろくに返事をしてくれなかった彼が電話をしてきたんです。

「最近どうしたの?連絡くれないけど…なんで?俺、なにかした?」

ちょっと緊張した声でした。

「ちょっと今、仕事忙しくて…ごめんね」と返事すると、「大変なんだね、じゃあ今週末美味しいもの食べに行こう」と言ってくれました。

そして、彼はデートに誘ってくれるようになりました。

さらには、私がたまにメッセージしてもすぐに返事が来るようになったんです!!

2.彼の家に行かないようにした

付き合って4年目。週末はたいてい彼の家に泊まって次の日に帰ってくるという過ごし方でした。

食事も彼の好きなものを作るようにしていました。

「結婚したら料理上手な奥さんになるよ!」的なこともアピールしていました。

「4年も待ちましたが、そんなだらだらした過ごし方は、かえってプロポーズする機会を減らしてしまうな」と思うようになりました。

彼の家に行くのをだんだん減らすようにしました。

もちろん、彼と一緒に週末を過ごしたかったのですが、飽きられて振られるよりはマシだと思ったのです。

彼の家においてあった私の身の周りの物も持って帰りました。

そして、週末は女友達と買い物に行ったり、プチ旅行に行くようにしました。

そんな私に、最初は「俺より友達と一緒の方が楽しいの?」とすねて連絡をくれなくなったりもしましたが、デートをした後に「今週末はうちに来てよ」と熱烈にお誘いを受けるようになりました。

スポンサーリンク

3.連絡をきっぱりと切った

それでも、なかなか彼からプロポーズが聞けませんでした。

「もう、駄目だ…」と思いました。

「そろそろ子どもも欲しいのに結婚出来ないなら、この恋は諦めよう…」と思いました。

彼からの連絡に一切答えるのをやめました。

メールもLINEも電話も、つながる状態にしたまま連絡を返しませんでした。

「それで連絡がなくなったらそれまでの男だったんだ」と諦めも付きます。

毎日電話はなりましたが出ませんでした。 

そして2週間も過ぎたころ。電話に思い切って出てみました。

「どうして出なかった?何かあった?心配したんだよ!」と彼が怒ったような泣いているような声でまくしたてました。

「いろいろ考えてたの。」ぽつりと私が言うと彼が言いました。

「ごめん、なかなか言えなくて。今度実家に一緒に来て。結婚しよう!!」

なんと電話でプロポーズされたのです!

その次のデートは夜景の見えるレストランでその時に彼から婚約指輪をもらいました。

感激で涙が止まりませんでした。

まとめ

  
いかがでしたか?

なかなかプロポーズしてくれないのは、彼がプロポーズしなくてもそばにいてくれる彼女に安心しきっているからだと私は思いました。

彼にプロポーズさせるには、彼から離れてみるのもよいかも知れませんよ。

スポンサーリンク

 - 恋愛と結婚