小さな幸せがある生活

30代女子です。自分のまわりを見れば、小さな幸せが沢山転がっています。小さな幸せを集めると大きな幸せになります。私が気付いた小さな幸せを紹介しています~♪

体調不良や辛い生理痛、実は女性の大敵冷え性が原因かも?

   

なんだか最近体の調子が悪い、生理が辛い、などの悩みを抱えている女性が多いのではないでしょうか?

もしかしたらその原因、冷え性かもしれません。

冷え性が悪化すれば、さらに様々な病気を引き起こす可能性もあるので、早めに改善しておくことが大切です。

そこで、冷え性からくる症状や解消法などを、わかりやすくまとめてみました。

スポンサーリンク

冷え性とはどんな症状?引き起こされる症状は?

そもそも冷え性とは、一般的に手足や腰、下半身などがいつも冷えた症状がある、またはそういった体質であることを言います。

特に女性の冷えは、血行不良や更年期などが関係していると考えられています。

体全身が冷えてしまう人もいれば、他の部分はそうでもないのに一部分だけが冷える人もいます。

お風呂に入っても、すぐに手足が冷えてしまう、暑い夏でも手足が冷たいといった症状があります。

手足の先が冷たいのは初期の冷え性と言われており、腰や腰に冷えを感じるようになったら、かなり進行した状態です。

体が冷えることで代謝が悪くなりますし、免疫力の低下に繋がります。

そのため、冷えや低体温は万病の元とも言われ、冷え性をそのまま放って悪化させてしまうと、様々な症状や病気を引き起こす原因となります。

冷え性からくる症状には、肩こり、頭痛、腰痛、腹痛、生理痛、不眠などが挙げられます。

むくみやすい、太りやすい、肌トラブルが起こりやすいといった、女性には嬉しくない症状も多いです。

この他にも、更年期障害の症状が現れやすくなったり、花粉症やアレルギー性鼻炎といったアレルギー性疾患や、風邪やインフルエンザといった感染症にもかかりやすくなります。

さらには、糖尿病といった生活習慣病などの疾患に繋がる可能性もあるのです。

スポンサーリンク

冷え性のタイプにはどんなものがあるの?かくれ冷え性とは?

冷え性には大きく分けて、皮膚の温度が上昇するタイプと低下するタイプの2つがあります。

中には、冷え性なのに皮膚の温度が上昇するの?と驚く人もいるかもしれません。

この上昇するタイプは、血管が拡張することによって全身がとても寒く感じます。

こういったタイプもあるのです。

冷え性の中でも、約6~7割は皮膚温度が低下するタイプだと言われています。

その低下するタイプは、さらに手足が冷える抹消血管収縮型、主に下半身が冷える内臓温度低下型、甲状腺機能低下型、低血圧による循環不良型、セルライト型、といった5つのタイプに分けることができます。

また、特に気をつけなければいけないのは、上昇タイプに分類されるかくれ冷え性です。

かくれ冷え性とは、自分では気づかないうちに体が冷えてしまっている状態です。

外見は血色も良く健康そうにみえるのですが、実は冷えによる免疫低下が起こっている場合もあります。

顔色が良いのに、なぜか風邪をひきやすい、疲れやすい、肌トラブルが多いといった症状で悩まされている人の中には、かくれ冷え性が原因となっているのかもしれません。

冷え性を改善・解消するにはどういった方法があるの?

冷え性の改善・解消方法としては、食事、ツボ押し、お風呂、運動などがあります。

食事では、体を温める食材を積極的に食べるようにしましょう。

冷えに効果的とされている食材には、唐辛子、生姜、スパイス、ニンジンなどの根菜類、葛、お茶、発酵食品などがあります。

また、冷え性に効くとされているツボには、気海、三陰交、湧泉、太衝などがあります。

入浴後や就寝前のリラックスした状態で行うとより効果的です。

冷え性に効果的な入浴法は、40度ぐらいのぬるま湯にゆっくり浸かることです。

シャワーでは体の芯から温まりませんし、熱いお湯では体が冷めやすくなるので避けるようにしましょう。

運動不足も冷え性の原因となります。

ストレッチなど簡単な運動でいいので、毎日適度に体を動かすことが大切です。

お風呂上りや寝る前のちょっとした時間に、足首やふくらはぎ、手のストレッチで末梢部分の血行を促進するのが効果的です。

まとめ

冷え性は、様々な症状や病気を引き起こす原因となります。特に女性にとって冷え症は大敵です。体調が悪くなりやすい、生理痛が辛いなどの症状は冷え性が原因となっていることも多いですので、早めに改善していくようにしましょう。

スポンサーリンク

 - 健康と美容