小さな幸せがある生活

30代女子です。自分のまわりを見れば、小さな幸せが沢山転がっています。小さな幸せを集めると大きな幸せになります。私が気付いた小さな幸せを紹介しています~♪

SNS疲れ対処法 | 他人のSNSを見て嫉妬しないこと

   

SNSをしていると、他人の投稿と自分の現実とを比べて落ち込んでしまうことがあります。

あの人はあんなにキラキラ充実して見えるのに、自分はいったい何をしているのかと自己嫌悪になっていませんか?

疲れたからもうやめてしまいたいけど、仕事などのためにやめることができない。

やめてしまったら、友達とのつながりがなくなってしまいそうで勇気が出ない。

そこで、どうせやるなら楽しく続けていくためにはどうしたらいいのか考えてみました。

スポンサーリンク

充実している瞬間を切り取っているだけ

人はやはりどこか格好をつけたがり、背伸びをして自分をよく見せたくなるいきものです。

SNSは自分を着飾って見せることのできる、まさにうってつけの場です。

そんな他人の投稿を見て、そうなんだと素直に受け止めてしまってはいけません。

中には投稿の通りに毎日充実した生活を送っている人もいるのかもしれませんが、実際はキラキラとまぶしいくらい充実しているように見せているだけの人がほとんどなのです。

そんな投稿をする人も普段は、嫌なこと、気に入らないこと、うまくいかないことが必ずあります。

そんなところを隠して、充実している瞬間を切り取って載せただけの投稿を見て気に病むことはありません。

まして劣等感を抱いたり、落ち込んだりする必要もありません。誰でも日々頑張って生活しているのだから、どんな1日の中にも充実した瞬間は必ずあります。

他人と比べてばかりいないで、安心して自分にもっと胸を張ってもいいのです。

SNS疲れ対処法:余計な情報はシャットアウト

SNS疲れ対処法を1つ紹介します。

SNSをしていると、どうしてもいろいろな情報が流れてきてしまいます。

最近では広告はもちろん、口コミの効果を狙ってビジネスにも使われることも多くなっています。

知らなくてもいいことまで目にとまってしまって、その結果みんなやってるからやらないとと焦ったり、どうしようと不安になってしまったりするのです。

いわばある種のマインドコントロールなのかもしれません。それなら、自分にとってその人の投稿は本当に必要な情報なのか、一度見極めてみて下さい。

もしも興味がなく自分には必要のない情報なのであれば、思い切ってブロックや非表示設定をしてみるのもいいかもしれません。

するとその人の情報は流れてこなくなるので、意味なく感情をかき乱されなくて済みます。

本当に必要なものだけを見て、自分の健康な生活にとっていらない情報は見なければいいのです。

スポンサーリンク

SNS疲れ対処法:ネタとしてナナメから見てみる

もう1つSNS疲れ対処法を紹介します。

ブロックをして非表示にしたいのに、どうしても見なければいけないときは、ネタとして投稿をナナメから見てみるのもおススメです。

どんな顔をしてこんな投稿をしているのか、こんな写真を不特定多数の人に見られて恥ずかしくないのか、そもそも正気なのか、など少し小馬鹿にして揚げ足を取りながら見てみます。

すると落ち込むどころかだんだんと面白くなってきて、次の投稿が待ち遠しくなってくること間違いありません。

こんな見方をして、なんて自分は性格が悪いんだろうなどと気に病む必要は全くありません。ネタにされるような投稿をするほうが悪いのです。

そして案外、SNSをする人はそんな風に他人の投稿を見ていることが多いです。

まとめ

「SNS疲れ」という言葉があるように、SNSを続けることで落ち込んで疲れてしまう人は多いでしょう。

しかし少し見方を変えてみることで、むやみに心を乱されることはなくなります。

それでもたまには気持ちがぶれて、落ち込んでしまうときもあります。

そのときは、他人と比べることはせず、誰が何と言おうと自分自身を認めてあげて下さい。

自分にとって本当に必要な情報のみを厳選して、時にはナナメから見ながら前向きにSNSを楽しんでみて下さい。

スポンサーリンク

 - my日記