小さな幸せがある生活

30代女子です。自分のまわりを見れば、小さな幸せが沢山転がっています。小さな幸せを集めると大きな幸せになります。私が気付いた小さな幸せを紹介しています~♪

艶髪にするには?艶髪を手に入れるケアをご紹介します!!

   


髪のパサつき、ゴワつき、うねりや枝毛、切れ毛など、女性にとって髪の悩みは尽きませんよね。

髪は、いい女の条件です。綺麗な髪をキープしたいですね(^^♪

そこで、艶髪を手に入れるケアをご紹介します。

スポンサーリンク

正しい洗髪の方法って?

洗髪をする際、しっかりと予洗いを行っていますか?

実はこの予洗いが健やかな頭皮の維持のために大切なことなのです。

お湯で頭皮を十分に濡らし、毛穴に詰まった皮脂を溶かします。

丁寧に予洗いをするだけで、汚れ落ちが良くなります。次はシャンプーをします。

手にシャンプーを取って使うのではなく、浴室にある洗面器などに、シャンプーと少量のぬるま湯を入れ、泡だてます。こうすることによって、シャンプーが頭全体に行き渡りやすくなるのです。

また、頭皮の上で泡立てずにすむため、必要以上に摩擦を抑えることができます。

洗髪の時に意識したいのが、頭皮を洗うことです。シャンプーと言うと、髪を洗うイメージがありますが、肝心なのは頭皮の汚れを落とすことです。

頭皮をマッサージしながら、汚れを落とします。頭皮が健康な状態でなければ、美しい髪は成長しないのです。

頭皮を動かしてみてください。様々な方向に頭皮が動きますか?

もし動かなければ、頭皮の血流が滞っている可能性があります。

洗髪などに、優しく頭皮をマッサージすると良いです。

次に、すすぎに移ります。すすぎは丁寧に行います。泡がなくなったからといって、手短にに済ませてはいけません。自分ですすぎ終えたと思った時点で、追加で数分すすぐと良いでしょう。

トリートメントとコンディショナーの役割とは?

続いてはトリートメントとコンディショナーに移ります。

まず、それぞれの役割についてです。トリートメントは、美容成分を髪の内部まで浸透させるもので、コンディショナーは油分で髪の周りをコーティングするものです。

油分が含まれるコンディショナーを先に使ってしまうと、髪に膜が張り、せっかくの美容成分が届かなくなるので、使う順番はトリートメントが先です。

それぞれを使い、すすぎまで完了したらタオルドライをします。

この時、髪を引っ張るようにしてゴシゴシと拭くのではなく、そっとタオルで髪を包み込むようなイメージで優しく水分を拭き取ります。髪だけでなく、頭皮の水分も取りましょう。

全体的にある程度水分が取れたら、乾かします。

髪や頭皮が濡れたままの状態でいると、雑菌が繁殖する原因になるので、できるだけ早くヘアドライヤーで乾かしましょう。

ドライヤーの長時間使用は頭皮や髪にダメージを与えるので、少しでも早く終わる方がベストです。乾かす際、髪を小分けにして行うと乾きが早くなりますよ。

ただ髪に温風を当てるのではなく、ドライヤーを小刻みに左右に揺らしながら当てます。乾いたと感じたら、次は冷風に切り替え30秒ほど当てます。仕上げに冷風を当てることで、髪がしっとり纏まります。

髪にふんわり感やボリュームを出したい場合は、普段の分け目とは反対の方向に髪を起こし、温風を当てると良いです。

スポンサーリンク

ヘアケアに関する気をつけたいあれこれとは?

紫外線は髪を傷めるので、紫外線対策をしなければなりません。髪に浴びる紫外線量は、顔の三倍とも言われているほどです。髪にも使えるスプレータイプの日焼け止めを利用するのが良いでしょう。

ヘアブラシで髪をとかす際、絡まりがあるにも関わらず、無理やりブラシを通そうとしたことはありませんか?

これは、髪が引っ張られ頭皮にダメージを与えてしまいますし、毛先が傷む要因の一つにもなります。なので、初めに軽く手ぐしを通し、絡まりがあれば優しくほどきます。

髪は傷みやすいので、必要以上に力を加えないようにするなど、注意が必要です。

「美は一日にしてならず」という言葉があります。日頃から適切なヘアケアを行い、艶髪を手に入れたいですね。

スポンサーリンク

 - 健康と美容