小さな幸せがある生活

30代女子です。自分のまわりを見れば、小さな幸せが沢山転がっています。小さな幸せを集めると大きな幸せになります。私が気付いた小さな幸せを紹介しています~♪

転勤族の奥さまが、新天地で住みやすくする方法

   

お付き合いをしていて、彼の転勤で結婚!といったパターン、わりと多いかと思います。

まさに私もそうでした。付き合って2ヶ月で転勤・・私は仕事も辞めて、半年程で入籍しました。今、思い返すと、「若いってすごいな・・」としみじみ感じます(笑)

スポンサーリンク

新天地での暮らしは慣れるまで、やっぱり大変!

旦那様との新婚生活を楽しめる事は幸せですが、お仕事とはいえ、誰も知らない土地で暮らす事は結構、精神的に大変です。

私の場合は子供をすぐにと考えていなかったので働きましたが、妊娠中だったり、お子さんがとても小さかったりすると、家に居ることが多く、孤立してしまいがちです。

旦那さんは会社でのコミュニティーがありますが、「自分だけが孤独だ・・」と落ち込んでしまう人もいるかもしれません。

実際、私も今まで友達とカラオケやご飯会など、“ちょっと小一時間遊ぼう~!”が出来なくて、他の友達が集まっているのを聞くと、やっぱり寂しかったりしていました。

行動あるのみ!家から出よう!

やはり何か行動を起こす事が何より大事です。私は未だに後悔していることがあります。出産前に仕事を辞め、出産後はあまり家から出ずに子育てしていました。

ママ友も居ないし、知らない人がいる公園とか気を遣うし・・と敬遠していました。そうやって育っていたので、娘は人見知りがあって、幼稚園に入った当初はお友達と遊ぶ事が出来ず、一人でいる事が多かったです。

小さなお子さんがいらっしゃる方は子育てサークルとかに行くと良いと思います。

無理して話す必要はないです。何度が行っていると、自分も雰囲気に慣れますし、子供同士が仲良くなってから、ゆっくりと親も合うかどうか、見極めれば良いんですから。

程度な距離を保ちつつ、合わなかったらスルーしてください~。あと、図書館もオススメですよ。

お子さんがいらっしゃらなかったら、短時間でも働くと一人位、気の合ったお友達に出会えるかもしれません。

パート勤めだと、お母さん方が多いので、子供の事も世間話で教えてもらえるかもしれませんし、今後の育児にも役立つと思います。

スポンサーリンク

幼稚園の役員さんをするのは、結構オススメです!

転勤が多いと、その都度仕事を探さないといけなくて、小学校に入るまでは専業主婦をしている方もいるのではないでしょうか?時間に余裕があるならば、役員を引き受けるのは確実で、メリットも多くあります。

もちろん、大変だというデメリットもありますが。役員の仕事をしながら、お母さん達と世間話したり、意外な一面を知ったり・・また何より、子どもの幼稚園での生活を近くで見れたり、先生方と関われるキッカケもできますよ。

それに小学校では役員がスムーズに決まらなかったら、有無を言わさずジャンケンですし、お手伝い程度でも経験しておくと、絶対に良いです。

まとめ

人との交流は生活に変化をもたらし、大人になっても成長できる。

私はクラス役員をしたんですが、自分が思っていた以上に忙しかったです。末子を連れていたから、尚更だったかもしれません。

懇親会を開いたり、お知らせの書類を作ったり、退園する園児のプレゼント決めや集金など、それに役員同士打ち合わせも多かったです。

でもお陰でたくさんのお母さん方とお話する機会ができ、たまにランチに行ったり、なかなか聞けない地元民の“大きな声で言えない深い話”を聞けたり、子育ての話、お母さん達の若かれし頃の笑い話、はたまたスーパーの安売り情報とか・・。

私はクラブ活動みたいな感じで、楽しみながら、色んな事を学べました。私だけかもしれないいけど、一緒に活動してママ友でなく、私自身の友達と思っています。

お陰で、縁もゆかりもない土地だったのに、毎日充実して過ごせています。

そして、そのうち来るであろう、また新たな新天地でも、今のように楽しく人との交流を続けていけたらなと思っています。

住みやすくなるか・ならないかは、自分次第、だと思います。行動第一!

スポンサーリンク

 - my日記