小さな幸せがある生活

30代女子です。自分のまわりを見れば、小さな幸せが沢山転がっています。小さな幸せを集めると大きな幸せになります。私が気付いた小さな幸せを紹介しています~♪

夏本番!体の内外から紫外線ケアをして美肌になる!

   

日差しの強い夏はもちろんですが、一年を通して紫外線は降り注いでおり、紫外線対策やケアも既設を問わずしっかりと行うようになりました。

メイクアイテムには日焼け止め効果が含まれているものも多く、昨今は低刺激性のものも多くなり、敏感肌の方でも使用できるアイテムが増えています。

様々な紫外線ケア情報がありますが、注目すべき取り入れたい紫外線ケアにはどのようなものがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

まずは基本、紫外線を浴びない

外出しないことが一番の紫外線対策ですが、日常生活において完全に日差しを浴びずに過ごすということは難しいのではないでしょうか。

室内にいても、窓からの日差しで紫外線の影響を受けることがあります。

肌にとって紫外線を直接浴びてしまうことは大きな負担になります。

長袖や足元まで覆うボトム、帽子や日傘などを利用して、紫外線を直接浴びないようにすることが基本の対策です。

最近はUVカット素材でできている服や小物が多く見られるため、それらを利用すれば更に紫外線による肌ダメージを防ぐことができるようになります。

肌をガードする日焼け止め

ジェルやクリーム状の日焼け止めを直接肌に塗布することによって、肌が直接紫外線を受けることを防ぎます。

最近はミストタイプの日焼け止めも販売されており、好みに合わせて選べるようになりました。

中には肌の保湿に効果があるものもあり、夏の乾燥肌対策にも一役買ってくれています。

しかし、汗や摩擦によって落ちてしまうことも多く、こまめに塗り直すことが必要です。

手間はかかりますが、紫外線によるダメージを防ぐためには有効なので、ぜひ取り入れたいアイテムです。

スポンサーリンク

日焼けのメカニズムに働きかける飲む日焼け止め

海外ではおなじみの飲む日焼け止めが、最近日本でも流通しています。

紫外線を浴びることによって肌の細胞が刺激を受け、日焼けの原因となるメラニン色素が発生します。

飲む日焼け止めにはこの細胞への刺激や活性酸素を抑制する働きをする成分が含まれており、紫外線を浴びてしまった肌の日焼けや色素沈着を軽減してくれる効果が期待できるのものです。

活性酸素を抑制する働きを抗酸化作用と言いますが、この抗酸化作用はアンチエイジングにも欠かせない働きであり、飲む日焼け止めによって日焼けを防ぐとともに身体を若々しく保つ効果もあると言われています。

体の内外から紫外線対策・ケアを行い美肌を目指す!

紫外線の対策やケアには、物理的に肌を紫外線から隠す、日焼け止めを塗布することによって肌そのものを防御する、飲む日焼け止めによって体の内側から紫外線による影響を軽減する、と体の内外からケアをすることによってより効果的に美肌を守り促進することが可能になります。

メイクでは作れない肌本来の美しさを維持するためにも、肌の大敵となる紫外線のケアをしっかりと行うことが重要です。

また、紫外線による影響は日焼け・色素沈着だけでなく、肌の弾力を保つために重要と言われているコラーゲンにもダメージを与える点にもあります。

これを補うためにも、スキンケアではコラーゲンの補給となる美容液や化粧水を選び、肌の美容成分不足を補うことが必要になります。

夏の暑い季節は、肌の露出が増えたり、日焼け止めだけでその後の保湿ケアなどを怠り勝ちになってしまい、紫外線のケアを気にしているものの実行できていない・・・という方も多いのではないでしょうか。

紫外線が肌に与える影響は甚大です。

今の自分だけでなく、未来の自分のためにも、ちょっとがんばってケアをしてみてください。

そのほんのちょっとの頑張りが、ほんのちょっと頑張れなかった人との大きな差になり、美肌レベルを上げることに繋がります。

スポンサーリンク

 - 健康と美容