小さな幸せがある生活

30代女子です。自分のまわりを見れば、小さな幸せが沢山転がっています。小さな幸せを集めると大きな幸せになります。私が気付いた小さな幸せを紹介しています~♪

夏の日焼け対策は、オシャレに、かろやかに!!

   

オシャレ心は忘れず、楽しく日焼け対策しよう!!

羽織ものシャツとボトムスがポイントです。

上も下も肌をあまりみせずに、でも涼やかさを残す着こなしができれば日焼け対策×オシャレを実現できるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

羽織ものシャツで日焼け対策をする

年中、紫外線はふりそそいでいるのですが…そろそろ夏本番、日焼け対策をバッチリしないとすぐ小麦肌になってしまいます。。

日焼けしても、赤くなるだけでも元に戻る色白さんが羨ましいですが、焼けやすい体質だからこそ対策はバッチリと行いたいですよね。

でも、日焼けしたくないからといってUVパーカーとジーンズの組み合わせだけじゃちょっと味気ないですよね。

そんな時は薄手のシャツはいかがでしょうか?

ちょっと透けてる?くらいの素材なら涼しいのはもちろん、長そでタイプを選べば広範囲の日焼け対策になりますよ。

夏もピークのころは肌を出しているほうが、むしろジリジリして痛いくらいなので、そういったものの予防にもなりますね。

中に合わせるインナーも明るい色味のもの、パステル系のピンクやブルー、ビビッドなイエローやオレンジも顔周りをパッと明るくみせてくれますね。

同じシャツでも紺や黒などの落ち着いた色味のものなら、ちょっとかしこまった席でも浮かず、合わせるボトムによってフォーマルにもカジュアルにも着こなせます。

シャツは今季も人気で(ぬき襟という言葉が定着しているほど)たくさんの種類が出ていますよね。

無地のほかにも合わせやすいものとしては、ストライプタイプは涼しげで何だか知的な感じもしますよね。

こちらもほとんどのボトムス、ジーンズや、チノパンツ、ワイドパンツ、裾広がりのスカートなど、なんにでも合わせやすいのではないでしょうか?

さらに今気になっているのは刺繍がほどこされたシャツです。

刺繍ものが爆発的にヒットしていますし、カラフルな刺繍は目を引いて可愛いですよね。

ただインパクトがつよすぎるので、刺繍の範囲が狭いものや、刺繍に使われている糸が単色だと週に何度か着ても、いい意味でコーディネートしやすいかな、という気もします。

スポンサーリンク

ボトムスのオシャレを楽しむ

ここ数年は季節問わず、丈が長めのボトムスが主流ですよね。

日焼け対策にもありがたいことです。今季はデザインボトムで、裾が広がったワイドパンツなんかも各ブランドからたくさん出ていますね。

裾が少し広がっているだけで風の通りがよくなるので履いていて心地いいと思います。

また丈が長めのスカート・ワイドパンツは基本のベーシック色を一通りそろえていると、毎日のコーディネートがなんとなく出来上がるのでいいですね。

(黒、カーキ、ベージュ、デニム、ホワイト系も夏は根強い人気かな?)

あとは、やはりカラーのキレイなものですね。

きれいな色のトップスを着たいけど、なんだか似合わない気がして自信がない…という人もボトムスなら挑戦しやすいですよね。

トップスは本当にベーシックな白や紺・黒の無地のTシャツでも下にイエローやピンク・、ブルーを合わせるだけで急に華やかな印象になります。

やはりきれいな色のお洋服を合わせると気持ちもあがりますし、周りも明るい印象をうけるんじゃないかなと思います。

同様に柄物もボトムスだと挑戦しやすいですね。気になっているのは夏に向けてボタニカル柄、難しく考えずに花柄を合わせる感覚で合わせていいいのではないでしょうか。

トップスが無地なら奇抜にもなりすぎないですよね。

もうひとつ気になっている柄物がマルチボーダー、ちょっとレトロな着こなしになりそうですね。

ポイントでスカーフなんかを巻いても可愛いかも。(バンダナでもカジュアルな感じでいいですね、)自然と首の日焼け対策にも一役かってくれていますね。

まとめ、

基本、上も下も肌をあまりみせずに、でも涼やかさを残す着こなしができれば日焼け対策×オシャレを実現できるのではないでしょうか?

帽子やストールなどの小物も上手に取り入れることで、日焼け対策コーでがさらに格上げされそうですね。

スポンサーリンク

 - ファッション