小さな幸せがある生活

30代女子です。自分のまわりを見れば、小さな幸せが沢山転がっています。小さな幸せを集めると大きな幸せになります。私が気付いた小さな幸せを紹介しています~♪

ストレス発散ではなくストレスを溜めない生活を!

   

ストレス社会と言われている現代では、仕事だけではなく家庭内でも友人との関係でも、何から何までストレスを感じている方が多くおられます。

「ストレスを上手に発散させましょう!」としきりに言われていますが、ストレスを発散させるというのは意外と難しいですよね。

何か趣味に没頭しようにも、今度はその趣味の時間がとれなくてイライラしたり、発散させようとしてもうまく発散できないということもあるかもしれません。

そこで意識したいのが、”ストレスを発散するのではなく、ストレスが溜まる前に対処する”ということです。

ここでは、ストレスを未然に防ぐことができるようにするためのノウハウをご紹介します。

◆ストレスを溜めない人は綺麗になれる

ストレスをたくさん抱えて毎日イライラしたり、どこか落ち着かない感じの不安定な気持ちになっていませんか?

ストレスを溜め込みすぎると、肌トラブルを引き起こしやすくなったり、普段ならうまくいくはずのこともうまくいかなくなってしまうことがあります。

ストレスを溜め込まないようにしている女性は、いつも笑顔で肌の調子もよくて綺麗ですし、何より周りから見ていても気分が良いですよね。

○ストレスによって肌トラブルが起きる?!

ストレスを感じることで、それに対抗しなくては!と身体が様々なホルモンを分泌するようになります。

そのホルモンの中の1つにアドレナリンがありますが、アドレナリンには血管を収縮させたり血圧を上昇させたりする働きがあります。

血管が収縮してしまうと血流が悪くなり、全身に栄養が行き渡らなくなることで、肌トラブルが起きやすくなります。

また、冷え性などにも繋がってしまうため、肌や身体にとって良くありません。

さらには、ストレスに対抗するためのホルモンが分泌されると、その分女性ホルモンの分泌が減少してしまうのです。

そうなると、肌が乾燥しやすくなったり老化しやすくなったりと、恐ろしいことを招いてしまうことになります。

◆ストレスを未然に防ぐにはどうすればいいの?

ストレスを未然に防いで綺麗な女性になるためには、以下のような考え方をしてみることがポイントになります。

1.短期的ではなく長期的に考える

物事をなんでも短期的に考えていると、短いスパンで良いこと・悪いことに気持ちが振り回されてしまいます。

スポンサーリンク

長期的に考えることで、「なんかうまくいかないな」というような悪いことがあったとしても、「今回は仕方ないな」「まあいっか!」と、気持ちに余裕をもって捉えることができるようになります。

2.誰からも好かれようと思わない

誰からも好かれようとしてしまう方は多いと思います。

周りに合わせて好きでもないものを好きだと言ったり、行きたくない場所に行ったりするのは、とても疲れますしストレスが大きいですよね。

誰からも好かれようとしていると、本当の自分を見失ってしまいがちです。

「この人は挨拶をする程度の人」「この人は仕事の話だけをする人」というように、人付き合いを割り切ってみることも大切です。

自分が自分らしく生きていくためにも、他人の期待や欲求を満たすのではなく、もっと自分の意思を大切にしていきたいですよね。

誰からも好かれようとするから、ストレスが溜まってしまうのです。

3.今すぐにやらなくてもいいことは後でやる

あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ!と毎日せわしなく過ごしていると、心に余裕がなくなってしまうためストレスを溜め込みやすくなります。

やることが山積みであっても、落ち着いて整理すると、今すぐにやらなくても良いことが含まれているものです。

優先的にやるべきことはありますが、そうではないものは落ち着いてからやるようにするだけで、気持ちに余裕が生まれます。

余裕がない人は常にイライラセカセカしていて、見ている側も嫌な気持ちになりますよね。

4.できなかった部分を責めても仕方ない、次頑張ろうと気持ちを切り替える

自分のことも他人のことも、できなかった部分をネチネチ責めるのはナンセンスです。

終わってしまったことを変えようとしても無理な話なので、そこを「この失敗を経験ができたことは良かった。

次は同じようにならないようにしよう」と前向きに捉えるようにしましょう。

他人のことを許せる人になると、自分の気持ちにも余裕が生まれ、ストレスを溜め込みづらくなります。

◆まとめ

ストレスを溜めないような考え方をしたり行動をしたりすることは、エステや高級な美容機器に頼るよりも効果的に綺麗になれる方法と言えるかもしれません。

自分を大切にすることで、自然と周りの人を大切にする気持ちの余裕も出てきます。

他人のことばかり考えてイライラする前に、自分の気持ちや身体の変化を見つめてあげることも大切にしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

 - 健康と美容